めぐみろぐ

思ったことを書きます

「SNS疲れ」って、要するに何に疲れているんだろう?

かつて「SNS疲れ」という言葉をはじめて聞いたとき、「え?SNSをやって疲れるくらいなら、SNSを見なければいいんじゃないの・・?」なんて元も子もないことを思ったりもした私ですが・・そもそも「SNS疲れ」って、要するに何に疲れているんでしょうね?ということについて少し考えたいと思います。

SNS疲れってなに? ~キラキラしている投稿を見ると気分が盛り下がるという現象~

SNS疲れと一言で言っても種類はさまざまかと思いますが、今回は「キラキラしている投稿を見ると気分が盛り下がる」という現象について考えてみたいと思います。

これって、なんというか言ってみればSNSだけの問題ではない」ですよね。

その状態というのは、例えば友達の○○ちゃんが結婚したとか、△△ちゃんが希望の仕事に転職したとか、そういう他人の幸せな話を聞くたびに毎回気分が落ち込んでしまうということを意味しているわけで、SNSがどうこうという話ではない。

どうして気分が落ち込むのかというと、自分とその知り合いを比較してしまうからですよね。 「私の生活はそんなにキラキラしてないから祝福できないし!」みたいな。 

キラキラしている(ように見える)投稿主のその人ではなくて、自分に焦点が当たってしまう。つまり自分のことしか考えていないのです。

しかし、

私ってば、他人の幸せが喜べないなんて・・
私っていやな友達だよね・・

とか、自己嫌悪になるものちょっと違うような。


なんというか、自分が全く幸せを感じていないときに他の人の幸せを心から喜ぶ。というのはなかなか難しい話であって、それはもう自然の摂理なのではないでしょうか。

 

ではどうしたらいいかというとつまり自分を大事にしてあげればいいんじゃないでしょうか。どうやって?

自分を大事にするといっても、甘いものをたべるとか、好きなものを買うとか、そういう一時的な愉しみでは心の霧が晴れることはないでしょう・・。

そもそも他人と自分とはまったく別の人間なのに、他人が成功したり、幸せそうに見えることで心がざわつくというのはどういうことなのか。


心の中に眠っている「本当は私にもやりたいことがある(でもできてない)」という思いが、ここにいるよ!見ないふりしちゃだめ!って、サインを出しているのかもしれません。

本当はやりたいことがあるのに、それを実行に移せていないとき、自分の人生を自分の思うとおりに進めることができている(ように見える)人のことが羨ましくなるのだと思います。

そんな時は、いままでの自分の人生を振り返って、自分は本当は何がしたいのか今、自分が死んだら何が心残りか、一度じっくり掘り下げて考えてみるべきなのかもしれません。

・本当は○○をやりたいけど…
・でもお金と時間がないし…
・だいたい、今更こんなことやっても年齢的に遅いよね…
・人に言うのも恥ずかしいし…

 

もしそんな気持が浮かび上がってきたら、今すぐその気持ちに向き合い、どうしたらそれを実行に移せるか、作戦を立てて、それを少しずつでもよいから、勇気を出して実行に移していくこと。 それで少しずつ未来は変わっていき、気がついたときには

あれ?SNS疲れってなんだっけ?ってなっているはずです(たぶん)

 

そもそも生活が充実しているというのはどういう状態なのか。友達と呼べる人が大勢いれば充実していると言えるのでしょうか?スケジュールが予定で埋まっていれば充実していると言えるのでしょうか?

私はどれも違うと思っていて、

  • 自分の気持ちに嘘をつかないこと
  • 行きたくもない誘いに乗らないこと
  • 思ってもいないことを言わないこと

など、自分の気持ちを尊重してあげられることの方が本当の意味で充実していると言えるのかなあなんて思っています。

 

★おわりに

というわけで「なんか最近私、SNSを見ると疲れるな・・」と思ったらそれはSNSだけの問題じゃないかもしれないなという話でした。SNSは所詮ツールですから、使っても使わなくても何だっていいと思うのですが、自分の心は何だっていいというわけにはいきません。

まとめると

SNSは自分の心の声に気づくためのツールとして意外と有効。(たとえば他の人の成功談に心がざわつくということは自分も何かで成功したいと思っているということ)
・自己分析して、自分がなにがしたいのか見極めるのは大事

こんなところでしょうか。 

 

それではまた!